事務所紹介

TOKYO大樹

1978年2月、当事務所は新宿区南新宿の地で発足しました。
その名も「南新宿法律事務所」。「憲法の精神に忠実な良心的在野法曹」が創立時の理念でした。
爾来、延べ24名の弁護士が入所しました。いずれも創立の理念に賛同した者たちで、入所後はそれぞれの形で理念を実践してきました。また事務所も、新宿御苑前、四谷、再び新宿御苑前と居を移し、それに伴い事務所名もより広がりのある「TOKYO大樹法律事務所」と改め、今日に至ります。
時期は違えども多くの弁護士の参加で、当事務所はその活動の裾野を拡げ続けることができました。また多くの依頼者の方々、知友の方々によって支えられてきたことは言うまでもありません。現在、一般民事、刑事事件はもとより、建築問題、労働問題、医療過誤、行政事件等々、様々な特殊分野にも力をつけつつあります。
冒頭の詩は、事務所創立の折にある弁護士が作ったものです。私たちは、創立の理念と心構えを忘れず、法的サービスの提供を通じてさらに多くの人々に安心と安寧を与えることのできる、大樹を目指したいと考えています。

TOKYO大樹法律事務所所員一同

アクセスマップ


  • 地下鉄丸の内線 「新宿御苑前」2番出口 (大木戸門方面) 徒歩5分
  • 〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目26番1号 長田屋ビル5階
    TEL:03-3354-9661(代表) / FAX:03-3354-3324
  • 業務時間:平日9時30分から17時30分